寺岡の麻衣様

最近、抜け毛が増えたなと感じたら、的確な方法でヘアケアをして、育毛を意識することが大事です。自ら考案した方法では髪、頭皮に良いと思っていたことが、逆に、負担になることがあるのです。それから、生活習慣を正すことも育毛のために不可欠なことですから、地道な努力を積み重ねてください。それらに加えて、育毛剤等でケアを行うと、より効果に期待が出来るでしょう。ドラッグストアの女性用の美肌サプリコーナーで見かけることが多いコラーゲン製品。その保水性の高さからスキンケアや化粧品に利用されていることも多く、CM等で目にする機会も多いですね。でもコラーゲン製品には、育毛効果も期待できると言われています。地肌の状態を整えるコラーゲンを一定量、継続的に摂取していくと、長期的に抜け毛が減少し、発毛した毛が充分な太さを持つまで保持されるので薄毛が改善でき、さらに、白髪や毛髪のツヤも改善されるようです。コラーゲンはゼリーで摂れると思っている人もいますが、市販のゼリーのほとんどは海藻由来の凝固成分を使っており、ゼラチン(コラーゲン)を使用していません。効果を得るのに必要な量を普段の食事からとることは難しいので、ドリンク、錠剤、食品(ゼリー・グミ)などから得るようにすると良いでしょう。コラーゲンの効果を高めるようビタミンCやB群を配合した製品もオススメです。炭酸水には優れた健康効果があるほか、育毛効果があると言われています。水の代わりに飲むのはもちろん、肌の悩みを改善してくれるので洗髪時に使うのも効果的です。飲料にする場合には、おなかを下さないよう、ミネラルを含まない軟水タイプが良いでしょう。1日に何回かに分けて飲むと、胃腸の動きを活発化し、代謝を活性化させ、血行促進効果も期待できるそうです。また、炭酸シャンプーとしてちょっとしたブームにもなりましたが、炭酸水に触れた部分の血行を促進させ、頭皮の状態を改善するのにも大いに役立ちます。パーソナルユーザー向けの専用シャワーヘッドもありますし、自宅で炭酸水を作る機械も売られています。こちらは普通に飲料としても使えるので、キッチンでも役立ちます。どちらかというとシャワーヘッド型のほうが手軽ですが、ほかのヘアケアとの相性も良いので、日常のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。育毛に必要な基本的栄養素というと、タンパク質、ビタミン、ミネラル、亜鉛、酵素などです。ほかに○○が良いと言われるものの中には、女性向けもあるので気をつけてください。性差があるものといえば、男性の場合は亜鉛でしょう。女性より代謝量が多いので、多くとらなければいけません。これらの栄養が不足していても本人は自覚症状がないかもしれませんが、それだけに長期的な影響は無視できません。栄養不足だと基本的な生命維持活動で手一杯で、髪までは栄養を回してくれないので、栄養不足や貧血で髪が縮れたり細くなったりするのは自然な反応です。栄養バランスが良く、消化しやすいタンパク質を含んだメニューを選ぶようにして、体の代謝アップを計り、頭皮まできちんと栄養が届くよう血行改善も心がけましょう。せっかく栄養をとっても血流が不充分ではうまく代謝が行われないため、効果が出にくいからです。とはいえ、毎日の食事では、育毛のために必要な成分は不足しがちです。食生活に気をつけながら、育毛用のサプリメントをとるのも良いでしょう。もともと皮膚に炎症があったり、自律神経が乱れている人はより多くのビタミンを必要としますが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので、比較的副作用なく量を加減しやすいです。育毛剤には、頭に塗るものもありますが、内服薬の方がより高い効果が見込めますが、副作用に悩まされるリスクも増してしまいます。服用タイプの育毛剤の副作用として考えられるのは、頭痛や吐き気、胃部不快感、めまい、ふらつきなどが考えられます。また、塗るタイプではなく飲むタイプの育毛剤でも頭皮に炎症・かゆみが生じることもあると言われています。もしも副作用が起きたなら、即座に使用をやめるべきでしょう。抜け毛が増えたり、抜けた毛の細さに気づいたら、放置せず、早いうちに薄毛対策をしていくことを強くおすすめします。「早めの対応が効果的」と謳っているのはセールスが狙いというわけではありません。「育毛」はいまある髪や毛根に働きかけていく自然な方法なので、弱り切るまで放っておくと毛根がなくなってしまうと、現代の治療方法を持ってしても発毛が難しくなってしまいます。薄毛の原因に合った育毛方法を見つけるためには、AGA検査を受けてください。育毛シャンプーなど手軽なものからはじめる人も少なくないですが、AGA(男性型脱毛症)は医療承認された特効薬があるため、早めの使用で市販の育毛用品にない効果を得ることもできます。また、AGAでないのに高価な特効薬を使うことは、意味がありません。時間やお金を浪費する前に、きちんと確認しておかなければなりません。病院に行くと詳しく検査してもらえますが検査内容は医院の設備によって異なります。また、来院の手間をかけずに自宅で検査可能なキットが通信販売でも入手可能です。インターネットで、日本語で購入することができますから、来院に抵抗がある人でも使用できるのではないでしょうか。ただ、検査キットではクリニックほどの精査は得られないので、もっと詳しいことが知りたい場合は来院したほうが良いでしょう。髪の健やかな成長を維持するためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが不可欠ですが、なかでも鉄分は、代謝を維持するために必要なので、絶対に欠かすことはできません。鉄分不足は女性に多いと思われがちですが、朝食や昼食をゼリーやパンなどで簡単に済ませていると、男性でも摂取量が足りなくなります。鉄分が不足すると、体全体の酸素量が減って代謝が弱まり、育毛のために必要な成分が毛根や地肌に行き渡らなくなり、老廃物の代謝がうまくいかなくなるので、表皮トラブルが生じやすくなるでしょう。育毛のためには血液が健康であることも大切なのです。鉄分はきちんと摂取するようにしましょう。鉄分はレバーのほか、身近なところで大豆製品にも含まれます。吸収されにくいので、毎日の食事の中に分散して、継続的に摂取すると良いでしょう。食べ物の場合は毎食に分散させるのがコツです。カロリー制限しているときはサプリも良いかもしれませんが、ビタミンCと一緒にとると吸収がよくなり、過剰摂取で体調を悪くすることがあるので、一日の摂取量を越えないよう、一度にとりすぎないよう、気をつけてください。花王サクセスは育毛以外にシェービング、ヘアケア製品も出していましたが、近年、育毛製品としては若手の俳優を器用したCMを展開しているので、「ああ、あれ」と思い当たる方も少なくないでしょう。サクセスの育毛トニックは普段用のほか携行用のミニサイズもあり、無香料、微香性、有香性などから選べ、同じ育毛シャンプーも手頃な価格設定から、将来的な薄毛、抜け毛が気になる人なら使ってみたこともあるのではないでしょうか。効果については、レビューを見る限りではズバリ賛否両論のようです。地肌のシーズンケアができてちょうど良かったと満足している人もいれば、購入しやすいので使ってみたがシャンプー1本使っても育毛効果が実感できないので次は買わないと言い切る人もいます。CMのイメージに対して、商品に期待する効果というのが人によってまちまちなのでしょう。近年はインターネットショッピングが普及していて、荷物の発送状況なども随時確認できるようになったため、育毛市場でも、個人輸入したり、外国語が分からなくても購入できるという点で、輸入代行サイトも人気で、どちらの利用者も増加の一途をたどっています。そこまで手間と時間をかけて入手するのは理由があります。それは正規ルートに比べ、送料込みでずっと安い価格で購入できるとしたら、つい、心が動いてしまいますよね。ただ、水や他の薬剤でカサ増しした粗悪品や、配合成分が全く異なるような偽物も出まわっているので、あきらかな偽物をつかまないためには、ある程度の判断力は必要でしょう。しかし自分がいくらそのブランドのことを知っていたとしても、中身が正規品かどうか確かめるのは、とても難しいことではないでしょうか。期待していた効果が薄い程度で済まされれば良いですが、偽物は安全性を配慮していないため、本物以上の副作用が起こることも考えられます。これを食べると育毛にプラスになる、という食べ物はいくつかありますが、その一つとして、納豆がいいと広くいわれてきました。なぜでしょうか。なぜなら、納豆は男性ホルモンの過剰な働きを抑制する大豆イソフラボンが含まれていますし、酵素も豊富に含まれています。特にナットウキナーゼは血液をサラサラにし、頭皮の血行も良くしてくれます。納豆と唐辛子は相性よしです。キムチのような食べ物と同時に食べるようにすると、いろいろな献立が考えられるようになり、自然に毎日食べられるでしょう。一般的に疲労回復に効くと言われているクエン酸は、それらの多い食材といえばレモンや梅干しですよね。そして、髪の毛を育てるのにも効果的だそうです。ミネラルが吸収されるときにクエン酸が作用してアップさせる役割を果たし、血流もよくしてくれます。血の巡りがよくなり、頭髪を作るのに無くてはならない栄養分が頭皮まで供給されやすくなるので、どんどん食生活にクエン酸を取り入れていきたいですね。育毛マッサージというと頭皮を想像する人が多いかもしれませんが、手のマッサージでも育毛に良い効果が得られるそうです。同じツボ押しでも頭皮マッサージなどと違い、外出先でも人目を気にせずにできますから、合間をみて行うようにしたいですね。男性の脱毛に効くツボは、脱毛点、手心、心穴などです。手心は別名の労宮のほうがよく知られているかもしれません。疲れがたまってきたときに揉むと効果的です。労(いたわる)の字があてられているのも納得ですね。これらのツボを刺激すると血液の流れを改善し、正常な代謝が行われるように導くので、抜け毛を改善し、地肌の代謝を良くして髪に必要な栄養が届きやすいようにしてくれるので、育毛にも役立ちます。左手で右手を、右手で左手を揉むことで両方の手を使うため、頭をスッキリさせる効果もあります。とはいえ、ツボ押しの効果は長期的に現れてくるものですし、ツボ押しのほかにも、抜け毛の原因となりそうな生活習慣を改善していくことも大事でしょう。薄毛予防のために育毛剤、育毛薬、育毛グッズなどを用いるならば、実際の使用者による口コミをチェックすることも多くいらっしゃると思います。育毛剤や育毛薬などはお手軽な価格では購入しにくい上、だいたい半年は続けてみないと「これだ!」という手ごたえは得づらいものですし、使用者による評判は、どうしても気になるものです。といっても、「毛活」というものは、個々に適した方法があり、どんな方にでも効き目が表れる商品は存在しないのです。未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が少なくないです。肩コリのときに叩いて血行を良くするイメージと重なって覚えやすいのでしょうか。まさか自己流で行っている人はいませんよね。育毛って根拠があってはじめて効果のあるものです。ブラシの材質や重さや力加減を考えずに叩いたら、根拠がないばかりか、薄毛を促進しないという保証はありません。頭皮は髪に守られていて、衣類でこすれることもないため、たいへんデリケートです。どのようなブラシであれ、地肌や毛根を傷めて、育毛や発毛にとっては大きな損失になります。血行促進には頭皮マッサージが良いのですが、気持ち良いからといって爪をたてないようにしてください。爪をたてることでとれるフケや汚れだと思う白いものは、刺激によって剥がれた本来ならまだ肌に残っているべき角質です。過度な負担をかけないようソフトに行うのがコツです。抜け毛や薄毛について考えはじめるようになってきたら、育毛のために自分でできることの手始めとして、血流の改善を心がけましょう。血流は普段あまり意識しないかもしれません。たとえばPCの前に30?40分座っていて足の甲の色が悪くなる人は、血流が悪いと考えるべきでしょう(子供は40分の授業中でも足の甲の色は変わりません)。このように血液の流れが良くない状態が続くと、正しい発毛サイクルのために必要な栄養素が頭皮に行き渡らないだけでなく、血管を通して排出される老廃物が頭皮や毛乳頭周辺に留まるため、成長した髪が早いうちに抜けたり、発毛する力自体が弱まりします。どちらも、脱毛サイクルが発毛サイクルを上回ることで薄毛の要因になります。ですから、頭皮のマッサージで血行を促進することは、育毛の基本の「キ」と言えるでしょう。洗髪時や朝起きたとき、疲れたときなどに首から頭皮にかけてマッサージして血行を改善することなら意識的に続けやすいのではないでしょうか。同時に、食生活を見直すことも大事です。高脂質な食事を避け、血液がサラサラになる納豆やヨーグルトなどの食べ物を取り入れましょう。また、積極的に運動不足を解消するよう心がけましょう。頭髪の健康が気になる、髪が減ってきた気がするけれど増やすことはできないものだろうかと悩んでいるならば、髪の育て方に関する基本的な知識から学んでいきましょう。毛が抜けてしまう理由を学び、改善すべき点を明らかにしなければ、高品質な育毛剤を使ったところで、効き目を感じることはできないでしょう。生活の乱れや栄養の偏り、間違ったヘアケアをしていないかなど、基礎をおさえながら再確認し、健康な髪を手に入れましょう。ひとつひとつ努力を積み重ねてゆきましょう。抜け毛の予防と健やかな髪の育成を目指すのであれば、頭皮の血行促進が何としても必要です。毛髪が育つのに必要な栄養分を頭皮に届くまで行き渡らせるためには、血液が滞り無く流れていなくてはなりません。血液が頭皮を良く巡っていないと薄毛を防ごうと対策を講じても望ましい結果が得られないことが殆どでしょう。何はともあれ血行促進を心がけてください。抜け毛の原因のひとつは頭皮の血流が不足することによる血行不良です。頭皮だけでなく全身の血行を良くすることが最も効果的ですので、運動不足を解消しましょう。地肌を維持して健やかな発毛環境を整えるよう、軽めの運動を毎日の生活の中に組み込んでいきたいものです。そうはいっても、もともとの薄毛や抜け毛の原因が多忙さから来ているとなると、運動のための移動時間を費やすことができないという人も少なくないでしょう。そういった方にお薦めなのは毎日のストレッチ運動です。週1、2回の割合でジムに通っている方にもぜひ、取り入れていただきたいと思います。激しい動きより、ゆっくりめの動きが良いでしょう。ストレッチは筋肉だけでなく、自分で動かすことのできない血管の緊張をほぐすことができるので効果が高いのです。家の中はもちろん、外でも積極的に行ってください。外で全身を動かすことはムリでも上半身、とくに肩から首を動かすことは頭皮につながる血流を良くし、リフレッシュもできます。一日に複数回行うと効果的なので、朝起きたとき、寝る前などに実施するのもいいでしょう。頭皮が硬い人、柔らかい人は確かにいますね。硬い人は薄毛が多いといわれています。血行が悪い部分の皮膚は、カチカチになっていきます。太くつややかな毛を増やすためには、頭皮の環境も良くなければなりません。正しいケアで頭皮を柔らかくし、頭部の血行を良くしていけば、健康な髪の土台となってくれます。そして、しなやかな血管、さらさらの血液は全身にとって大切ですから、疲れない程度の運動をしたり、血液循環を良くする食材などを食べるのもオススメです。皮膚科のAGA(薄毛)治療のなかには、点滴(注入)療法というものがあります。毛の再生に必要な因子であるビタミンや薬剤を頭皮専用の極小針で注入するので、その他の摂取方法に比べると育毛効果が強く感じられるようです。もともと薄毛治療は全額自己負担ですが、育毛の点滴では献血などよりずっと細い針を使います。注射と比べても所要時間が多くかかるので、費用は高めというケースが多いようです。点滴は注射より長く時間をかけるため、頭痛や悪心、動悸などの副作用が起こりにくく、すぐに対処ができるという安心感は、ほかの治療では得られない、点滴の最大のメリットでしょう。国内での認知度や浸透率はまだまだのようですが、海外では出力を抑えたレーザー光による「育毛」が脚光を浴びており、従来にない方法として盛んに行われています。まったく毛根がなくなってしまっているとレーザーのターゲットにならないため、ふたたび発毛させることは、普通の育毛剤同様、難しいようです。しかし毛根が残っている人や、毛根が弱っていて毛が細っている人の場合は時間はかかっても、育毛効果が期待できるでしょう。昨年いくつかの新製品も発売されたため、パーソナル用(家庭用)のレーザー育毛機器は、輸入代行業者を経由すれば英語ができなくても購入できますし、大手通販サイトでも見かけます。価格設定は少し高めですが、人気のある分野ですので、今後のバリエーションと価格に期待したいものです。男性では好みが分かれるかもしれませんが、実はココアは育毛のためにとても良いと言われています。食物繊維が多く含まれるほか、亜鉛や銅などの体の維持に貢献する微量元素を含んでいるため、抗酸化作用があるだけでなく、炎症やストレスに対する抵抗力を高める力があるため、育毛には大いに助けになるでしょう。ですから、もし嫌いでなければ、積極的に飲むようにしましょう。ただ、インスタントのココアには粉乳のほか、かなりの糖分が含まれているので、糖分のとりすぎが懸念されます。糖分のとりすぎは育毛には逆効果ですので、甘味料としては入手しやすいハチミツやオリゴ糖などを使って甘味をつけると安心です。とくに冷たくして飲む場合は、温かい飲み物より多くの甘味料を必要とするため、かならず砂糖ではなく代替甘味料を使うようにしてください。髪と地肌の健康維持のためには、食生活にも配慮することが大事です。血中の脂質濃度を高めるような脂分の多いメニューや、糖分のとりすぎは血液がドロドロになり、毛髪の育成に悪影響を及ぼし抜け毛を進行させます。調理済み食品便利ですが、常温でもおいしく感じられるように見た目より多くの脂質が含まれていたり、添加物が多いため、髪の健康には大敵です。また、育毛効果のあるコーヒーやココアをたくさん飲んだり、血液サラサラになる食材を片端から食べれば効果が得られるというものではないので、栄養が偏っていないかどうか考えながら、バランスのとれた食生活をするよう心がけてください。それから、カロリーの過剰摂取は育毛にも健康にも良くないので、注意が必要です。体温を日常的に測っている男性は少ないでしょう。でも、体温と育毛は密接な関係があるので、ぜひ関心をもっていただきたいと思います。体温が低くなると免疫力が弱まることが知られていますが、血行が悪くなり、新陳代謝も悪くなります。以前は女性に多い現象でしたが、低栄養の男性にも普通に見られるようになりました。帽子をかぶることのある人ならピンとくるかもしれませんが、頭の温度はあれだけ露出している割に高く保たれています。その頭皮の温度が下がると、髪や地肌のためには良くないですし、長期的なダメージもあるので、体温を上げる工夫をすることも大切です。たまにサウナを利用することも良いですが、自宅で手軽に湯船に浸かるのも良いでしょう。また、体を冷やすような食べ物を取り過ぎない、冷やした体をそのままにしない、体温を上げるといったことを心がけることが大切です。育毛剤より手軽に使用できる育毛シャンプーが人気です。普段のシャンプーを育毛シャンプーに置き換えるだけの手軽さは魅力ですね。ただ、コンディショナーはいままで使っていたものをそのまま使っていたり、まったく使わない人もいるようです。でも、せっかくですから、育毛や地肌ケアできるコンディショナーもあわせて使用してみてはいかがでしょう。シャンプー後の育毛剤は時間がかかりますが、同時に済ませられるので短時間で手軽にケアしたい方にはとくにお薦めです。せっけんシャンプーのように専用コンディショナーで中和する必要があるものは別として、普通の育毛シャンプーでしたら、必ずしも同じブランドの製品を使う必要はありません。同じ銘柄でもシャンプーは「しっとり」、コンディショナーは「さらさら」を選ぶ人もいますし、まったく関連性のない製品を使っている人もいます。仕上がりの好み(さっぱり・しっとり・ふわふわなど)もありますし、香料に抵抗感がある人もいるでしょう。本人の好みに合うかどうかも大事です。だからといって、メントール配合のように刺激の強いものは避けるべきでしょう。あくまでも地肌や髪に良いものを選ぶべきです。効果が薄れるような気がして、あまり洗い流すことができない人もいるようですが、余分な成分が残るのは逆効果というものです。充分なお湯を使い、きちんとすすぐことを心がけましょう。育毛や頭皮ケアのひとつとして、椿油を使った頭皮マッサージは効果的です。髪に良いといわれている椿油ですが、地肌へ使用するほうが効果が高いのです。椿油には匂いや色のある未精製油と、無色・無香に近い精製油があります。未精製のほうが高い効果を得られるという意見もありますが、精製油のほうがより一層刺激が少なく、アトピー肌のケアにも使われています。こうしたケアに椿油が使われ一定の評価を得るに至ったのは、入手しやすさもさることながら、豊富なオレイン酸の含有量によるところが大きいでしょう。オレイン酸は熱や光によって変質することがない液体なので、ワセリンなどの固形油の使えないところでも使えるという自由度があります。サラサラしている油なので扱いも簡単ですし、ほてりもありません。普段のシャンプーの前に椿油を使ったマッサージをするだけで、頭皮を柔らかくし、洗髪後の地肌の潤いを長くキープして、頭皮が本来持っている回復能力が充分に発揮できる土壌を作る効果を得ることができます。一度に多くの油を使用すると洗髪時に負担がかかりますから、最初は少なめに、あるいは気になる部位から使ってみるのも良いでしょう。オレイン酸は自体が酸化しにくいうえ、肌に悪い過酸化脂質の生成を抑えるため、育毛に良い影響を与えるはずです。頭皮マッサージの頻度は人それぞれだと思いますが、普段使いとして高温調理などでも酸化しない特質を活かしてトリートメントとして使うと、ドライヤー乾燥の熱から髪の潤いを守り、自然乾燥によるかゆみなどを防ぐこともできます。国産で純度の高い製品が手軽に入手できますし、使用方法の相談窓口を設けているメーカーもあるので、試してみてはいかがでしょうか。首こりや肩こりの治療をイメージするという方が低周波にはたくさんいらっしゃいますが、育毛に役立てられることもあるのです。頭皮の為に作られた低周波治療器を使うことで、血の巡りがよくなりますし、毛穴から体に不要になったものが出ていきやすくなるでしょう。しかし、充分な育毛効果を果たせない低周波治療器も存在しますから、買う場合には落ち着いて選びましょう。LED光には育毛効果があると言われています。ニュースをよくご覧になる方には、植物の話なんじゃないのと言われそうですが、実際に育毛効果があるため、育毛方法として採用している育毛サロンも多いです。植物の成長点に作用することは知られていたものの、人間の皮膚科治療や育毛にも利用できるなんて、ちょっと驚きですね。間違いがあるといけないので書いておきますが、育毛に効果があるのは、『赤色LED』のみです。自室の照明をLEDにしたり、赤みを帯びた電球色のLED灯を使うようにしても、育毛効果は期待できません。最近では、パーソナルユーザー向けのLED育毛機器も販売されていますが、頭全体をカバーするものは最適の角度で光を照射できて効率が良さそうですが、襟足など比較的厚目に髪に覆われている部分には効果が期待できません。ブラシのようにハンディで使えるタイプは慣れればどの部分でも容易に使用できる利点がありますが、売れ筋なので効果のない類似商品も出回っているようです。購入する際は、すぐに商品を決めるのではなく、買わないつもりの商品のレビューなども含めてなるべく情報を多く集めて、検討したほうが良いでしょう。継続的に使っても副作用はありませんので、ほかの育毛方法と併用する問題点もありませんし、導入する価値は充分あるでしょう。最近、グリーンスムージーなども巷をにぎわしていますが、果物の成分が、育毛に効果があるといわれてきています。果物の中に含まれるビタミンやミネラルが、タンパク質を作り、薄毛を解決することを助けてくれるでしょう。果物を毎日のように食べると、髪の毛が育つでしょう。しかし、その反面、果物は消化がよいため、空腹で食べることをお勧めします。男らしい筋肉のある体つきというのには憧れますが、筋トレしたいというと、「ハゲるぞ」と言われた経験はないでしょうか。「薄毛が気になってきたから(筋トレを)やめようと思う」という人もいるので、なるほどそうかと思ってしまいがちです。筋肉を鍛えると通常より多くの男性ホルモンが生成されるので抜け毛を進行させるとも言われています。いわゆるAGA(男性型脱毛症)というものです。しかし薄毛の原因が男性ホルモンのみに由来するわけではありません。お察しの通り、まったく影響のない人もいれば、薄毛になる人もいるので、自分が男性型脱毛症になるタイプなのかどうかを、AGA検査で明らかにしてからどうするか、考えたほうがいいでしょう。もし不安であれば、検査するまで筋トレを控えるのは、良いことかもしれません。